【記事】2017年はソニーの年になる?

スポンサーリンク

私はソニー製のカメラを使用したことはありませんが、少し嫉妬し始めていることを認めなければなりません。ソニーは最近のEISA賞を数多く取得しました。メインカメラ賞のa9、コンパクトカメラ賞のa6500、スーパーズームカメラ賞のRX10 IIIなど、19賞のうち7賞を受賞しました。

ソニーの成功は、ニコンとキヤノンが革新した発表ができなかったから。キヤノンの今年の大型リリースで、EOS 6D MkIIを発表するも3年古いライバルのD750と大差がなかった。ニコンは予定されていたミラーレス製品の発売をキャンセルした。
対照的に、ソニーの新「a9」は誰もが吹き飛んでしまった。ソニーは大手の2企業であるキヤノンとニコンを打破するための取り組みを示している。

a9は市場をリードする機能を誇る

2017年に急速に進歩し、ソニーのa9は市場で最も軽い、小さい、速いフルサイズカメラと誇らしげに主張できるようになりました。ソニー「a9」は NikonのD5とCanonの1DX MkIIを打つ負かすパワーがあります。

ソニーの成功の理由の1つは、静止画とビデオの機能を並行して開発するブランドにあるからです。 現在のソニーのほとんどのカメラは4Kのビデオを撮影します。これは、写真撮影と一緒にビデオスキルを開発したいフォトグラファーにとって非常に魅力的な機能です。 スチルカメラに最高のビデオ機能を追加するこの熱意は、ソニーがFS5などの幅広い専用ビデオカメラを開発しているのが背景にあります。

a6000は実用的なサブ機にできる

もう1つの理由は、ソニーが最新技術に適応する能力であることです。 ソニーのデジタル一眼(技術的にはミラーレス一眼だが)は、半透明のミラーを搭載した最初のカメラで、1秒間に撮影できるフレームの量が増えた。

第3にソニーのコンパクトボディ制作の精神は、一眼レフの大きな代替手段となりました。これにより軽量の機器を求めるフォトグラファーにとって特に喜ばれました。

2017年EISA賞を7つ受賞した

2017年はクロスポイントと言えるでしょう。 ソニーがCanon / Nikonを打ち負かすチャンスは十分にあります。
しかし、どんなことが起こったとしても、来るべきブランドの戦いの本当の勝者になるのは写真家自身です。

引用:http://www.digitalrev.com/article/why-2017-has-been-sony-s-year

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする