【スキル】野生動物の写真撮影を始める上で、最も価値のある5つのレンズ

スポンサーリンク

野生動物の写真撮影を始めることは、写真業界のより高度な技術が求められるなジャンルの1つです。

レンズは、写真家として出発するときに投資するものです。
購入したレンズは何年もあなたと一緒に過ごすことになります。
ここで意味するのは

レンズは資産になる

ということです。

より多くの経験を積み、それをあなたの仕事にしたいと思っているときは、高価な機材や、より多くのプロの機能を欲しがるかもしれません。
しかし、あなたが趣味の用途やハイアマチュアとして撮影したいと思うなら、
下記のレンズは、優れた品質の結果を提供するだけでなく、あなたのギアバッグ内でその価値を保持するだけでなく、投資すだけの大きな意味があるでしょう。
これらのレンズは様々な撮影状況をカバーし、あなたの創造的ビジョンを本当に表現するためのあらゆる方法で捉えることができます。

1 – 望遠ズーム70-200mm

まず、望遠ズームから始めます。
ほとんどの野生動物の写真家にとって、多くの撮影スタイルにマッチし、捉えたいものを確実にする武器の中で最も使用されるレンズの1つです。

70-200mmのズームは素晴らしい投資になります

これからレンズに投資するとして、パフォーマンスと柔軟性の面で多くを実現できる70-200mmは重要なレンズです。
ほとんどの人は200mmが野生動物を撮影するには不安を感じるかもしれませんが、スキルアップのために、特にAPS-Cカメラとペアに始めるのに最適な選択です。

f / 2.8は、美しくボケと、高速なオートフォーカススピードを発揮します。
新品で約20万円の相場ですが、中古品ならより価格を抑えて購入することができます。
この価格帯でも難しい場合は、f / 4バージョンについて考えてみてください。
小さくて軽く、手の届きやすい価格で野生動物の写真撮影にて最高のパフォーマンスを発揮します。

投資として、パフォーマンスと柔軟性の面で多くを捉えることのできる70-200mmは重要なレンズです。 ほとんどの人は200mmが野生動物を撮影するには物足りないと感じるかもしれませんが、スキルアップのために、特にAPS-Cカメラとペアになると、始めるのに最適な選択です。

70-200mmでの撮影

2 – 単焦点レンズ300mm F / 4

300mm f / 4のレンズについて少し考えてみたいです。
この単焦点レンズはズームしないので、構図を正しく取るために足を動かす必要がありますが、焦点の合った魅力的な写真を撮影するための速い絞りと同様に優れたシャープネスを提供します。

300mm f / 4レンズ

300mm f / 4は長年にわたって市場に出回っているレンズであり、ニコンとキヤノンのレンズはすぐに優れた価格で簡単に見つけることができます。
写真家の撮影でより深刻になったときに使用する望遠鏡で、プロの撮影に信頼性があります。

3 – 超望遠ズーム100-400mm

上記のレンズをあなたが所有していない場合、100-400mm(またはニコン80-400mm)があなたの撮影スタイルに適しているかもしれません。
優れた範囲は、野生動物の写真撮影に非常に多用途のレンズである。

80〜400mmニコンレンズ

最新のレンズでは、優れたシャープネス、オートフォーカスを得るための最良の機能が提供されますが、古いモデルはあらゆる面で劣る場合があります。
あなたがこれらのうちの1つに投資することを望んでいるなら、それはあなたに長年続く最新のモデルを手に入れようとすることをお勧めします。

ブランドレンズはサードパーティに比べて、はるかに良い光学設計されているので、サードパーティのメーカーよりもブランドレンズをお勧めします。
野生動物の写真撮影を始めるとき、しばしば150-600mmまたは50-500mmのような最長の高倍率ズームを使用する人もいます。
しかし、これらは光学品質が低く、満足のいかない結果につながります

80-400mmはコンパクトで、信頼できるレンズです

4 – 広角レンズ10-20mm

野生動物の写真を撮影する時、超望遠のショットよりはるかに興味深い写真を撮影する方法があります。

キヤノン10-18mm広角レンズ

幸いにもニコンとキヤノンの両方に、優れた低コストのAPS-C広角レンズがあり、本当に素晴らしい性能と機能を適切な価格で提供します。
新しいNikon 10-20mmCanon 10-18mmは、ワイドアングル野生動物の撮影に最適な候補です。
これらのウルトラワイドビューは、風景全体に視聴者を引き込むことができます。

10-20mmは、風景撮影で広角ショットや野生動物に最適です

10-20mmの広角レンズを使用しての撮影

これらのレンズは約3万から5万円で手に入ります。
広角レンズに投資することにより、標準レンズよりも撮影可能な範囲が広がり、描写に与える華麗な効果を打ち出すことができます。

5 – マクロレンズ100 / 105mm

あなた自身が被写体に近づき、撮影するスタイルに興味があるなら、クローズアップ撮影のためのマクロレンズを調べたいと思うでしょう。
これらの専門光学機器は、昆虫や植物を撮影するのに素晴らしい1:1の生命体サイズの描写ができます。

105mmマクロレンズ

100mmの焦点距離は、パフォーマンス面で最高の性能を発揮するため、実際に投資をおすすめできるレンズです。
100mmマクロはやや高価なレンズですが、中古レンズも多く、新品価格の約30-40%で購入できます。

これらのレンズは光の美しく、最もシャープに被写体を捉えることができる、多くのプロバッグで定番となっています。
レンズは、マクロ以外のさまざまな作業にも適しています。
ポートレート写真家が、美しい背景ボケを表現するために使用されることがよくあります。

まとめ

上記で、野生動物の写真撮影を始める場合に投資する上で最もおすすめするレンズのいくつかを紹介しました。
これらのレンズは、サードパーティの代替品よりも若干高いかもしれませんが、メーカーレンズを使用することとにより、長い目で見ると出費が抑えられるでしょう。

引用:https://digital-photography-school.com/top-value-lenses-getting-started-wildlife-photography/

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする