【記事】ニコン開発ディレクター:「ニコンのミラーレスは、フルサイズでなければならない」

スポンサーリンク

ニコンがミラーレスカメラを手がけていることは、DPReview がニコンに直接確認したことですでに分かっていますが、
まだ1つの疑問が残っていました。

それはフルサイズシステムになるのか、あるいは古い1インチNikon 1システムを流用するのか。

この疑問は、ニコン日本研究所の研究開発担当ディレクターの後藤哲郎氏とのインタビューで明らかになりました。中国のウェブサイト「Xitek」に、「フルサイズはトレンドです。ニコンがミラーレスを開発するならフルサイズでなければなりません。」と発言したのです。
ソニーが独走しているフルサイズのミラーレス市場にニコンは参戦することが明らかにしました。

後藤哲郎氏のインタビュー内容
ミラーレス市場ではレトロスタイルのオリンパス、富士、モダンスタイルのソニーがありますが、ニコンのミラーレスはどのようなスタイルになるのか

フルサイズはトレンドです。ニコンがミラーレスを開発するならフルサイズでなければなりません。

ソニーA9はセンサー技術には目を引くものがありますか

ニコンの顧客層は、初心者から愛好家、プロまで、幅広く、これはニコンの利点です。オリンパス、ソニー、富士フイルムはその一部しかカバーできません。彼らの顧客層はとにかく制限されているため、開発中の製品の見通しは限られています。我々は良いもの、主に背後のものを考慮する。ニコンは、全体的な視点、デザイン、機能を他社からは絶対に考慮しません。ニコンはカメラを作るのに60年近くの歴史をもち、私たちはあらゆる数々の顧客とコミュニケーションをとり、彼らに耳を傾けてきました。このような経験をもって、私たちはレベルを上げている会社なのです。ミラーレスカメラを導入するとしても、他社のようなカメラにはなりません。

海外の反応:


・「オリンパス、ソニー、富士フイルムは、その中のほんの一部をカバーしているに過ぎません。」
本当にこう思っているなら、深刻な問題に陥っているよ

・いわゆる「マーケットリーダー」の傲慢だな

・ゾンビ会社Nikonからの素晴らしい戦略だ
1人の女性写真家を使用せずに32人の男性写真家を使用する
オリンパス、ソニー、富士フイルムのユーザーが皆アマチュアだと妄想し
APS-Cユーザーには見向きもしない

・顧客の約85%がAPSCを好む会社の大胆な声明だな

・販売されているニコンDSLRの(2012〜2015)84%がDX / APS-Cセンササイズだと分かっているのに、 ニコンがAPS-Cミラーレスカメラを作らないのは本当に馬鹿だ
APS-Cは、巨大な販売数量がある市場なのに

・この男は無知で傲慢だ
マーケットリーダーとしての地位を保証するニコンの名前(大きな伝統を持つ)が、この力は消えかけています…「イノベーションはリーダーとフォロワーを区別します」Steve Jobs

・私はAPS-C(サイズ、性能、価格)が大好きなのに

・彼らはAPS-Cユーザーを放棄したことを後悔するでしょう
400〜800米ドルのAPS-C市場は、最大の市場なのに
それにニコンは、デュアルピクセルAFのような適切なライブビューを持っていないので、ミラーレスのフルサイズに進むべきではありません

引用:https://www.dpreview.com/news/6610488381/nikon-director-of-development-if-nikon-will-go-mirrorless-it-must-be-full-frame

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする