【比較】Sony A9 Nikon D5

スポンサーリンク

SONY「a9」は、高速仕様と最先端技術を駆使して今まさに業界を席巻しています。Nikon 「D5」はデジタル一眼としての長い伝統を受け継ぎ、ヘビー級スポーツや野生動物シーンにおいて硬い信頼があります。この全くタイプの違う2機種を比較するとどのような結果になるでしょうか?

デザインと人間工学

両方のカメラは防滴設計されているものの、Nikon D5の重量は1415ga9の重量は693gと大幅に軽量です。Nikon D5は大容量のバッテリーのためのより大きく、1回の充電あたり3780回、a9の650回多く撮影することができます。

a9(防塵防滴に配慮した設計)

D5(防塵防滴設計)

D5はニコンのFマウントを使用しています。これにはNikon FXレンズが付いています。Fマウントには、純正やサードパーティ製の光学オプションが豊富にあります。ソニーのa9はEマウントレンズを採用しているため、選択肢は少なくなりますが、システムが普及するにつれて新しいレンズが現在も増えています。 a9は、D5の153点のAFポイントに対してa9は693点のAFポイントを誇る、オートフォーカスになると確かに優位を占めます。

D5は21メガピクセルのフルサイズCMOSセンサーにより構築され、a9は24メガピクセルフルサイズBSI-CMOSセンサーにより構築されています。写真家がこれらのカメラのいずれかのために多額の資金を決める主な理由の1つは、スポーツやアクションイベントをカバーしたり野生生物をカバーする際に不可欠な、迅速な撮影する能力です。 Nikon D5は毎秒14フレームを連写することができますが、この高速連写も魅力的ですが、SONY a9はNikonよりも6フレーム多い20フレームの超高速連写を可能にします。多くの人が14フレーム/秒で十分だと思うかもしれませんが、毎秒20フレームの高速連写は今までのカメラとは別次元です。

a9、D5ともにデュアルメモリカードスロット

画質

D5がa9を大きく引き離す性能はISO範囲ですD5は信じられないほどの3280000(はい、0の数を数えてください!)を上回り、a9は204800にとどまります。
D5ユーザーはVR(手ブレ)レンズを使用して物事を安定して保つ必要がありますが、ソニーはボディに手ブレ機構を内蔵しています。

D5はより高いISOを提供しますが、a9には画質の向上に役立つ手ブレ機構を内蔵しています

ニコンは、光の状態を下げて(ソニーのEV-3と比べてニコンはEV-4)焦点を当てることができますが、ソニーは高コントラストのシーンからこれらのシャドウとハイライトをすべてキャプチャするためにわずかに大きなダイナミックレンジを持っています。 両方のカメラは、顔検出フォーカス、タッチスクリーン技術とデュアルメモリカードスロットを提供しています。ニコンは2 XQDまたは2 CFカードを選ぶことができ、ソニーA9は2枚のSDカード(またはメモリースティックプロ)を選ぶことができます。 ほとんどのプロカメラと同様、どちらも内蔵フラッシュはありませんが、どちらもマイクポートを備えているため、ビデオも撮影できます。

どちらのカメラも高品質の4Kビデオを撮影できます

ビデオ

マイクポートに加えて、両方のカメラに専用のヘッドフォンポートがありますが、他の仕様には大きな違いがあります。 どちらのカメラも高品質の4Kフッテージ(3840×2160)を撮影しますが、A9はフレームレート120fpsで映像を撮影することができ、スローモーション撮影に優れています。D5は3分間の制限で4Kしか記録できませんでしたが、この問題はファームウェアのアップグレードによって修正されました。

まとめ

ニコンが約60万円、ソニーも同じく約60万円します。こちらの価格はボディだけです。 しかし、この大金を払えるほど各ブランドのフラッグシップモデルと機能と技術の驚異的な量を得ています! Nikonはスピードとオートフォーカスの面で劣る可能性がありますが、長時間の撮影を可能とする大バッテリーは、野生動物の写真家、あるいは遠い荒野に出向く写真家にとって好まれるでしょう。 さらに、現在のところ、ニコンは利用可能なレンズがはるかに多い。 しかし、ソニーはデジタル一眼レフの歴史を、ミラーレス一眼の歴史を一歩進んだだけでなく、大きく進展させました。a9は歴史的な1台になることでしょう。

引用:http://www.digitalrev.com/article/sony-a9-v-nikon-d5

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする