Media Goに代わる「Sony | Music Center for PC」提供開始

スポンサーリンク
以前 発表があった音楽管理ソフト「Sony | Music Center for PC」

29日に提供を開始したようですね

Media Goは私的には不満点もほとんどなく、使いやすいソフトだと思っていますし、

メインで使用しています

新しく提供された「Sony | Music Center for PC」ですが、

不安要素が一つあります

それは、ソフトウェアのベースには、以前ウォークマン用アプリとして展開していた

「x-アプリ」を利用している

というところ

この「x-アプリ」には苦い思い出がありまして、、、

CDからPCに取り込む際に楽曲が飛ぶという現象が多発していました

例えば、

「アルバムをまるごと取り込んだはずなのに、

あれ!?トラック3,5,7,9が取り込まれてねぇじゃん!?」

となっていた訳です、、、

取り込めなかった楽曲をまた個別に選択して取り込む、、、

それでもトラック5,9がまた取り込めなかったり、、、

二度手間、三度手間をかけてやっとアルバムが全曲を取り込めるという悪夢

上記の現象はもちろん解消されているのでしょうが、

「Sony | Music Center for PC」どうですかね

早速インストールしてみましょう

あと、一つ言わせてください

x-アプリ、Media Go、Sony | Music Center for PC

これら全てWindows専用ソフトです

SONYさん、Macへの対応も、どうかお願いします

今後「Sony | Music Center for Mac」が登場するのを

心待ちにしております

音楽管理ソフト「Sony | Music Center for PC」

ソニーは29日、ウォークマンや同社オーディオ機器向けのWindows用音楽ファイル管理/再生アプリ「Sony | Music Center for PC」を無料提供開始

新ウォークマン、Bluetoothスピーカー、AVアンプなど、ソニーオーディオ製品用のWindowsアプリで、対応OSはWindows 7/8/10

近年のソニーオーディオ製品では、「Media Go」が標準の音楽管理アプリとして推奨されていたが、Media Goに代わるものとして提供開始された

Media Goから動画や写真の管理/転送機能が省かれ、音楽専用のプレーヤー/管理アプリとなっている

 ソフトウェアのベースには、以前ウォークマン用アプリとして展開していた「x-アプリ」を利用している

音楽再生機能や、ホームネットワーク(ネットワークオーディオ機器への楽曲配信)、イコライザー機能などを搭載

USB DAC接続時には、ASIO、WASAPIの両ドライバに対応する

音楽CDのリッピングも可能で、FLAC、WAV、MP3、AAC形式に対応

楽曲情報の自動取得機能やプレイリスト機能を備えている。音楽配信サービス「mora」の楽曲購入/ダウンロード機能も内蔵している

対応ファイル形式は11.2MHzまでのDSDと、192kHz/24bitまでのWAV、AIFF、FLAC、Apple Lossless(ALAC)と、MP3、AAC、HE-ACC、ATRACなど

MQA形式の音楽ファイルをパソコン上で再生した場合は、FLAC形式同等となる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする