【比較】Walkman A10, A20, A30ユーザーから見る 新型A40

スポンサーリンク

SONY会員メールより、A40の予約が開始されたとアナウンスがありました

先日も取り上げましたが、反響が良かったので

改めてA40の魅力をお伝えできればと思います

(ブログ初心者なもので、つまらない内容と思われますが、、、ご愛嬌ください)

IFA 2017にて「ZX300」の発表と同時にAシリーズ新...

A10 A20 A30を通して使用してみて

現在 私も愛用しておりますA30

超満足しています

音質も良く、軽量で手に馴染むサイズ感

購入時のタッチパネル反応は満足できるものではなかったですが、

アップデートにより、大幅に改善されました

(アルバムのアートワーク表示がもたつく事を気にしなければですが、、、)

過去にA10も使用しておりました

音質もよく、軽量で、使い勝手も良かったです

しかし、ホワイトノイズがとてつもなく酷かった

音量を上げると気になりませんが、小音で音楽を聞く場合

サァーーー、またはスゥーーー

最も近い表現で言えば

Thhhhhhhh…

のホワイトノイズは

A20でも変わることはありませんでした

変化があったのは以下の

  • ハイレゾ対応デジタルノイズキャンセリング機能対応
  • イコライザーなどの音響効果がハイレゾ対応
  • 高音質はんだ採用

その後誕生したのがA30

私的に最も感動したのはホワイトノイズがない!!

この違いには本当に感動しました

A10、A20は音楽を鳴らす以前に、

イヤホンを接続した時点でホワイトノイズが発生してました

しかしA30にはホワイトノイズが皆無です

A10、A20ユーザーの方にはこの一点だけで買い替えをおすすめします

Aシリーズ新型A40 変更点
  • 「S-Master HX(CXD-3778GF)」のICと基板との接続ボール部分にソニー専用の高音質はんだを採用

  • バッテリーから最短ルートで「S-Master」の電源が通るように基板配置を改善

  • 多数のカラバリ
  • USB-DAC機能

付属のUSBケーブルを使用してパソコンに保存されている曲を高音質で聴くことが可能

(iPhone、Androidでも使えるんでしょうか??)

  • MQA

FLACよりファイル容量を小さくできる

ハイレゾ対応フォーマット

  • aptX

48kHz/24bitの音声データが伝送可能なQualcomm(R)aptX(TM)HD audioにも、ソフトウェアアップデートで対応予定

  • 外音取り込み機能

本体に付属のヘッドホンまたは別売のデジタルノイズキャンセリング機能搭載ウォークマン(R)専用ヘッドホン(IER-NW500N)を使っているときにのみ有効

また、USB-DAC 機能使用時には外音取り込み機能は使用できない

変更があったのは以上でしょうか

高音質はんだ、基板配置を改善されたことで

音質の向上も図られていますね

逆に、歌詞ピタは省かれたようです

さぁ、いかかでしょうか

A10,A20ユーザーの方には強く買い替えをおすすめします

まず、音楽を聞く上でノイズがないのは大正義ですからね

A30ユーザーの方は様子見ですかね(笑)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする